日記

子どもが出来て。

夫婦共働きをしています。
子どもを二人育てています。まだまだ小さいので夜間に子どもだけを置いて働きに行く事が出来ません。
主人は夜間の仕事ですので、私が家にいます。
元々夜勤等もある職種ですのでその勤務が無くなればかなり給料は減ります。
主人の仕事は流動的でお客さんが入れば給料は多くなります。しかし、少なければ働いているのに給料には繋がりません。
こんな不確定な収入形態なら私が夜勤できちんと働いた方が効率的で確定的です。
残念ながら主人はその仕事に誇りを持っているので、夜勤を譲ってはくれません。
その様な話しをすると急に機嫌が悪くなります。仕方がないので私は黙って日勤だけの働き方をしています。
ですので私の毎月のお小遣いは減りました。生活に充てられる分も減りました。
主人だけが変わらず仕事をして小遣いを得ています。
女性は子どもを見るべきと言う昔ながらの考え方は夜勤をしない分の私の給料も賄える程の男性のみが言える事だと思っています。
結婚する時には全く気にかけていなかった部分ですが、きちんと想定しておくべきだったと思って後悔しています。
ともかく、もう少しで子どもも一人で夜を過ごせるようになります。そうなる頃にはもう一度主人と話し合って働き方を相談したいと思います。
実は主人の働きでは全く家計は回っていない事を主人は知りません。